浜松市最大級のガーデニング自由霊園。樹木葬、永代供養などお墓のご相談なら浜松メモリアルガーデンへ
お問い合わせ電話番号:0120-876221

通常、墓石を建立したら、最初に墓石に魂を入れる「開眼法要(入魂式)」を行います。
お墓に限らず、仏像や仏壇、仏画、卒塔婆、位牌、石塔などはすべてこのような儀式を経てはじめて霊験ある存在になります。

つまり魂をいれない墓石はただの石に過ぎないのです。

寿陵墓の場合も、亡くなったあとに建てられたお墓と同じように墓前でお坊さんに開眼(入魂)の
お経を唱えていただき、魂を迎え入れる事が必要です。
分家であっても開眼法要をおこなうことによってご先祖との絆が生まれ、
「先祖代々の墓」になります。

法要のいとなみ方については宗派によって異なりますので、事前に菩提寺に相談されたほうがよいでしょう。