浜松市最大級のガーデニング自由霊園。樹木葬、永代供養などお墓のご相談なら浜松メモリアルガーデンへ
お問い合わせ電話番号:0120-876221

生きているうちにお墓を建てる人が増えています。
これを寿陵(墓)あるいは生前墓と呼びます。

民間の霊園では最近、申込者の多くが、
生前にお墓を求めていると言われています。

古来中国では、生前にお墓を建てることが長寿を授かる縁起の良い事と
されていました。
古書にも「寿蔵」「寿穴」「寿堂」などとかかれており、
秦の始皇帝をはじめ歴代の皇帝は皆、寿陵墓を建てています。

最近では縁起のためではなく、子供に負担をかけたくない、
または自分の気に入った墓碑銘や石、場所などを選びたいという人が
寿陵墓を建てているようです。

寿陵の意味

寿陵の「寿」という文字は「じゅ」と読み、
長寿・長命など、いのちを長らえるという意味で使われます、
また、「こどぶき」と読むときには、祝いごとを表します。

また「陵」は「みささぎ」「はか」と読み、
中国では古くから「皇帝の墓」という意味で使われてきました。

日本でも天皇の墓を「御陵(ごりょう)」と呼んでいます。